桃源郷の歩き方 東莞常平編第2話

桃源郷の歩き方 東莞常平編第2話 ~現世の桃源郷~

世界の桃源郷 東莞常平

香港のマンダリン・オリエンタル・ホテルを出発して約2時間半、信彦と貴博は東莞常平(チャンピン)駅のホームに降り立った。空調が16度に設定された極寒の電車内から、35度の外界に降り立つ。蒸し暑く不快なことは間違いないが、冷え固まった体が温まり解凍されていく感覚には心なしか少し心地良さを感じる。

電車の改札を出ると、白タクの運転手らしき男達が大量に群がってきた。

白タク運転手1「社長、どこに行くの?(老板、你去哪?Lǎobǎn, nǐ qù nǎ)」

白タク運転手2「タクシーは要らないか?(要不要的士?Yào bùyào dí shì)」

10メートルほど先に大量の正規タクシーが並んでいる状況下、何故白タクに乗らねばならないのか、意味不明である。2人はけたたましく大声で叫ぶ運転手の集団を振り切り、正規タクシーに乗りこんだ。

運転手「社長、どこに行くの?(老板、你去哪?Lǎobǎn, nǐ qù nǎ)」

信彦「汇美酒店(フイメイ・ホテル, Huì měi jiǔdiàn)」

運転手「中国式カラオケ=中式KTVの予約は要らないか?(要不要预订KTV房间?Yào bùyào yùdìng KTV fángjiān)」

信彦「要らない(不要 Bùyào)」

これは、信彦が以降東莞常平を訪問する度に何度も何度もタクシー内で繰り返すことになる定番フレーズの記念すべき「第1回」であった。つまり、中国式カラオケ(中式KTV)やサウナのような夜遊び系の施設に顧客を連れていけば、タクシーの運転手に顧客紹介手数料が入る仕組みになっているのである。東莞常平の街全体が中国式カラオケ(中式KTV)とサウナを頂点とし、他の全てが有機的に繋がるという極めて合理的な生態系を構築しているわけである。

「不要」と伝えると、それ以上しつこく何かを押し付けるわけでもなく、運転手は黙って走り出した。

駅から10分ほど走ると、賑やかな交差点に到着した。以降何度もお世話になる常平大道と中元街との交差点で、ある意味街の中心と言って良いかもしれない場所である。

交差点を右折すると、すぐに左手に煌々と輝く汇美酒店(フイメイ・ホテル)が目に入った。ちょっと年季が入った外観ではあるが、落ち着いた雰囲気の素敵なホテルである。

より気持ち良いセックスを貴方に TENGA

TENGA発の男性用活力支援サプリメント

东莞汇美酒店】地址:中元路9号– 途牛

ジョージの「黄金マニュアル」に忠実に従い、2人はまず1階にあるフロントで1泊分の客室を予約した。ホテルの予約無しで未知の街を訪れるというのは、なかなかの無謀者に感じられる方もおられるかもしれないが、ここ東莞常平では一般的なことのようである。1日1泊350人民元、当時は円高で為替レートが12円前後であったため、1人1泊4,200円ほどである。

信彦は「価格」には敏感である。よくある「何でも安ければよい」「何でも1円でも値引きして欲しい」という概念ではなく、「独自の基準で、払う金額以上の価値があれば、喜んで払う」という思想である。信彦の基準では、この1泊4,200円は極めてお値打ち価格である。ついでに言うと、好きな言葉は「人生は何事も経験」「適正価格を見極めよ」「据え膳食わぬは男の恥」の3つである。

东莞汇美酒店预订_东莞汇美酒店价格、地址、电话查询【同程酒店】

まずは客室にチェックインし、15分後に3階にある中国式カラオケである汇美KTVに集合することになった。ジョージの「黄金マニュアル」には、6時半から「花街 Huājiē」が開始されるため、必ずそれまでに入店せねばならない、と記されていた。「花街」とは、その日に接待のために出勤する美女が全員中国式カラオケ(中式KTV)のフロア等特定の場所に集合し、男性客による品定めと指名が行われる豪華イベントのことで、ここ東莞常平では一般名詞に分類されている。凄そうなイメージがあるが、初心者である2人にはもう1つ具体的な想像が出来ない。

時間に正確な2人は、予定通りほぼ同時に3階に到着した。予約名である「ジョージ」とカラオケの部屋番号「315」を伝えると、美人で細身でスタイル抜群のママさんが部屋に案内してくれた。恐らく最も小さな部屋を予約してくれたのであろうが、2人で利用するにはかなり大きな部屋であった。

<写真はイメージです>

広東中山の国際酒店KTVへ。その7|香港発アジア行。夜の海外旅日記!

携帯下4桁で無料風俗!風俗ナンバーズ(関東版)

貴方の携帯電話番号に基き無料や大幅割引になる風俗店を通知してくれますので、見逃して悔しい思いをすることがありません!

やや緊張の面持ちの2人に、推定年齢29歳ほどの超美人ママさんが上品で落ち着いた口調で話しかけてきた。彼女はマンダリンしか話せないため、ここは信彦の出番である。

リンダ「はじめまして。私はリンダよ(你好, 我是琳达 Nǐ hǎo. Wǒ shì lín dá) 」

信彦「リンダ?アメリカ人なの?(你是美国人吗? Nǐ shì měiguó rén ma)」

オヤジギャグは軽くスルーされ、リンダが続けて話した。

リンダ「この店は初めてかしら?(第一次来这里吗? Dì yī cì lái zhèlǐ ma) 」

信彦「うん、初めて(是的,第一次. Shì de, dì yī cì)。というか、東莞常平に来るのも初めてなんだよ(这也是我第一次来东莞常平. Zhè yěshì wǒ dì yī cì lái dōngguǎn chángpíng) 」

リンダ「2人とも?」

信彦「うん。本当はベテランの香港人と一緒に来る予定だったんだけど、ドタキャンされちゃってさ」

リンダ「あらら(微笑)。2人はどこ出身かしら?(你们从哪里来的?Nǐmen cóng nǎlǐ lái de) 」

信彦「2人は日本人(我们是日本人 Wǒmen shì rìběn rén)。彼は香港に住んでいるけどね(但是他住在香港 Dànshì tā zhù zài xiānggǎng)」

リンダ「名前を聞いても良いかしら?(你叫什么名字?Nǐ jiào shénme míngzì)」

信彦「僕は信彦。漢字で書くとこんな感じ。彼は貴博。漢字はこう書く」


ぶっちゃけ神速中国語講座初級編・中国語エクスプレス

中国語が話せれば、中国/マカオ/香港/台湾など中華圏での夜遊びが100倍楽しめます!中華圏での夜遊びで「中国語が話せる」ことのバリューは極めて高いです!海外に行き辛い今のうちに、以下の講座で中国語の基礎をマスターしておけば、あとはコロナ明けに現地で実践すれば、あなたの中国語は飛躍的に上達します!

ぶっちゃけ神速中国語講座初級編・中国語エクスプレス

信彦はリンダの左手の掌を取って人さし指で漢字を書いて説明した。レベルの低いオヤジギャグには冷たいが、手を触ったりするボディー・タッチには寛容のようだ。すると彼女は伝票の担当者欄に「Linda」と書き、顧客名欄には「日本人」と書き込んだ。どうやら、2人の名前の漢字は伝わらなかった模様だ。

英語は全く話せないが何故かニックネームは英語のリンダが、上品かつ色っぽい口調で続けた。

リンダ「このお店の仕組みは理解してるかしら?」

信彦「だいたいは香港人の友達から聞いているんだけど、念のため説明してもらっても良いかな?」

リンダ「この部屋の最低消費額(最低消費 Zuìdī xiāofèi)は780元(当時で9,360円程度)よ。ビール(啤酒 Píjiǔ)か、ワイン(红酒 Hóngjiǔ)か、白酒(báijiǔ)か、何かお酒を注文して、部屋全体で最低でも780元を消費しないといけない仕組みよ」

信彦「なるほどね。理解したよ」

リンダ「お酒は何が良いかしら?」

信彦「貴博、ビールで良いかな?青島にするか?」

貴博「まずはビールで良いんじゃないかな」

リンダがトランシーバーらしきデバイスで青島ビールの注文を入れ、ますます色っぽい口調で説明を続けた。彼女が、女優の毛林林(ニキータ・マオ、Máolínlín)に見えてきた。

リンダ「もう少しして、6時半になったら、花街が始まるので案内するわ。美女が大勢並ぶから、楽しみにしててね」

リンダ「花街の時にも説明するけど、美女の料金が、200・600・800といった体系になっているの。このカラオケ部屋で一緒にお酒を飲んで、唱って、ゲームをするだけなら200元(Liǎng bǎi)を美女に渡して欲しいの。ホテルに連れて帰る場合は全部で600元(Liùbǎi)払えば大丈夫。翌日昼の12:00までなら800元(Bābǎi)。美女によっては、これより高くなることもあるから、花街で私に確認してくれれば良いわ」

信彦「ふうん。システマティックなんだね」

リンダ「ここの美女はみんな良い子ばかりよ。あと、DJに200元、ボーイに100元(Yībǎi)をチップとしてあげて欲しいの」

信彦「DJ?」

リンダ「この部屋で、カラオケの入力をしたり、お酒をつくったり、給仕全般を担当してくれる女の子よ」

信彦「ああ、なるほど!」

と言いながら、意味も無くリンダの手を握ってみたが、特に抵抗はされない模様だ。やはりボディ・タッチには寛容な様子である。

JKのリアルアナルオナホで生中出し放題(税込3,190円)!

信彦「リンダを選んでホテルの部屋に連れて帰ることは出来ないのかな?」

リンダ「私はオバサンだからダメだわ。もっと若くて可愛い美女がたくさんいて、選り取り見取りだから、選べば良いわよ。花街に行けば、私のことなんてすぐ忘れるから」

信彦「そんなわけ無いよ。それに、どこがオバサンだよ。すごい美人じゃないか。毛林林に似てるって言われない?」

リンダ「あら、ありがとう。でも、残念ながら私は選べないルールなの」

ここも冷静にスルーだったが、今後もコミュニケーションを続けていればチャンスが訪れるのではないかと考え、まずは微信で友達になっておくことにした。「人生は何事も経験」である。あながち間違ったアプローチでは無かったことが後に判明することになる。

リンダ「そろそろ美女が並ぶわよ。行く?」

信彦/貴博「行く!」

リンダは信彦と右手で、貴博と左手で手をつなぎ、2人を花街会場に導いていった。

第3話に続く

レベッカTV 今ならお得な特典あり!!

S級アイドル~素人までヌード専門動画配信サイト!明日花キララ,麻美ゆま,みひろ,Hitomiをはじめ超有名モデルも多数出演!!

月額2,980円(税込)でS級アイドル~素人のヌード専門動画が見放題!次月以降も継続してご利用頂ければ、毎月800ポイントをプレゼント!貯まったポイントは単品ダウンロードで利用が可能。定額会員のお客様は単品ダウンロード・高画質動画ダウンロードのお値段が30%OFFとなります!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。