桃源郷の歩き方 東莞常平編第8話

桃源郷の歩き方 東莞常平編第8話 ~雪辱の二回戦~

世界の桃源郷 東莞常平

信彦「秒杀(秒殺)だったね」

小玲「ふふふ」

信彦「ごめんね」

小玲「どうして謝るの?」

確かに、信彦が勝手に気まずいというか恥ずかしい思いをしただけであって、謝る理由はどこにも無い。

信彦「やっぱり昨日お酒を飲みすぎたせいかなぁ」

小玲「きっとそうよ」

普通に考えれば、お酒を飲み過ぎたほうが持続時間は長くなるので、理論的には支離滅裂である。何とかその場を繕いたい信彦が苦しい言い訳をしているだけなのだが、そういう細かいことは追及せず大らかに受け流してくれるのも、中国女性の良いところである。

信彦「まあ、最大の原因は、小玲が美しすぎるということに尽きるんだけどね。罪だね」

小玲「ふうん」

信彦「これは、小玲と一緒にいる限り、ずっとついて回る深刻な課題だよね」

小玲「ふうん。ところで、背中すべすべね。とても気持ち良い」

そう言って小玲は信彦の背中を撫でまわし始めてクスクスと笑う。性行為が終わると即座に男を突き放し、股間にティッシュを挟んでさっさとシャワーを浴びに行く「わび」も「さび」もない女性も多いが、こうやって発射後も合体したまましばらく一緒に余韻を楽しんでくれる小玲はやはり「天使」である。

ちなみに信彦は、あまり顔や態度には出さないが、人の好き嫌いが非常にはっきりしている。独自の評価基準により、気持ちの良い人は好きで、気持ちの悪い人は嫌いである。これは、どれだけ美貌を誇る女性に対しても適用される。 小玲 は、見た目が美しいだけでなく、大変気持ちの良い人であり、大変気持ちよくさせてくれる人でもある。ついでに言うと、好きな言葉は「人生は何事も経験」「適正価格を見極めよ」「据え膳食わぬは男の恥」の3つである。

一旦、総合格闘技で言うところのガード・ポジションを解消し、信彦は仰向けになり、小玲は信彦の腕枕で話し始めた。

小玲「私、どうだった?」

信彦「どうも何も、最高過ぎて、完全に舞い上がっちゃったよ。だから秒殺になったんだけど」

小玲「時間が長ければ良いというものでも無いわ」

信彦「でも、折角だから、もう少し2人で合体している時間を大切にしたかったな、とは思う」

小玲「じゃあ、もう一回する?」

積極的なのか、やはり先ほどは早漏すぎて話にならないと思われたのかは不明だが、小玲から第2ラウンドの「天使のお誘い」があった。

信彦「うん、是非やりたい。でも、少しだけ休んでも良いかな?老人だから、あまり間をおかずに連続では無理なんだよ」

小玲「大丈夫よ。しばらくお話しようよ」

小玲はそう言うと、ソフトタッチで絶妙に信彦の体のあちらこちらを触りながら、「信彦は日本のどこの出身なのか?」「日本で桜を見たい」などと話しかけてくる。この「天使のソフトタッチ」が絶妙で大変気持ち良く、3分もたたないうちに信彦はすっかり第2ラウンドの準備が整ってしまった。普段であれば最低でも30分以上はインターバルが必要なのだが、今日はその10分の1以下の時間しか要しなかった。まさに小玲マジック、天使のみがなせる急速充電である。そして、桃源郷マジックでもあるのかもしれない。こんなことは10年ぶり位だ。

小玲「嘘つきね。すぐには出来ないって言ったのに」

信彦「おかしいなぁ。こんなの、生まれて初めてだよ。小玲は天使なのか魔術師なのかわからなくなってきたよ」

小玲「次は私が上にする?疲れてるでしょ?」

信彦「それは、合理的で凄く良いアイデアだね!」

小玲はおもむろに跨ってきた。「天使の馬乗り」の技術はそれほどでも無いことが判明したが、下からのアングルで美しい天使の姿を眺めていると、また興奮が大波のようにやってきて過呼吸気味に陥った。ヤバい、また秒殺か?

あどけない素人娘から超絶品ボディのAV女優まで、カリビアンコムならではの多彩なジャンルできっとご満足させます。

しかし第2ラウンドは、流石に先ほどの第1ラウンドよりは少しだけ心の余裕がある。冷静さを取り戻した信彦は、小玲の胸が自己申告通り小ぶりではあるものの、机场(飛行場)というわけでも無いことを触診で確認した。飛行機が滑走路で事故にあうほどではないが、十分に走行注意を促す必要があるくらいの不陸ではあった。少し油断をして、本当に羽でも生えているのでは無いかと思うような天使の美しい上半身を眺め、そして小さいが美しい胸をソフトタッチしていると、また興奮の大波が襲ってきた。

信彦「上下逆転しても良い?僕が起き上がるから」

小玲「うん」

信彦「ゆっくりね。息を合わせて、落ち着いてゆっくり動こう」

座位の体勢を経て、第1ラウンドと同じ「信彦が上の体勢」に戻った。総合格闘技ではこれはマウント・ポジションとは言わないが、伸彦的は主導権を取れるこの体制を性行為におけるマウント・ポジションと認定している。

小玲がまた見つめてきたが、ここは目をそらし地鶏を思い出して逃げるのではなく、正面から受け止めるべきと判断し、じっと小玲の目を見つめ返した。すると、小玲が絶妙のソフトな手つきで背中を撫でまわし、そしてぎゅっと抱きしめてきた。小玲の美しいが切なそうな表情を見てしまった瞬間、伸彦はまたあえなく果ててしまった。

今回は秒殺には分類されないであろう。少しは善戦し日本男児の爪痕は残せた気はするが、十分に完敗には該当するものであった。

信彦「小玲には適わないや」

小玲「あなたもとても素敵よ。とても気持ち良くて、頭がおかしくなりそうだった」

信彦「もう既に小玲にメロメロになってしまっているよ。脳味噌が溶け始めているのを感じるよ」

小玲「そうなの?嬉しいわ」

程よい余韻の時間が経過して2人の体が再び分離すると、また信彦の腕枕で小玲が話し始めた。

小玲「今日が最初の出勤日だったの」

信彦「この中国式カラオケ(KTV)で?」

小玲「そうよ。先週田舎から東莞常平に出てきたばかりなの」

信彦「そうだったんだ。先週田舎から出てきたということはリンダが言っていたけど、今日が初日とは知らなかったよ」

小玲「だから凄く緊張していたんだけど、あなたが優しい人だったから安心出来て良かったわ。暴力をふるうお客さんとか、怖いお客さんが結構いるって友達から聞いてたから」

信彦「暴力は良くないよね。でも、そんな人いるの?」

小玲「いるみたいよ。髪の毛を引っ張られたり、服を引き裂かれたり、グーで顔面を殴られたり、お酒の入った瓶で頭を殴られたり、お酒を頭から浴びせられたりとか。もちろん全員じゃないけど、中国の男の人には粗暴な人が結構いるみたい。とにかく、中国式カラオケ(KTV)で働く女の子は軽蔑されて人間扱いされないみたい」

信彦「それは恐怖だね。しかし、自分で中国式カラオケ(KTV)に遊びにきておいて、軽蔑とか意味がわからないよね。だったら遊びに来るな、と思うけど」

小玲「コンドームを付けずに強引に犯されることもあるみたい」

信彦「 小玲 もさっきコンドーム付けずに挿入しそうになってたけどね」

小玲「あれは、うっかりだから別よ」

小玲の誘惑技術に嵌り始めていたのか、信彦が感情移入しやすい性格だからなのか、ふと「彼女は毎日のように出勤し、誰かにホテルの部屋に連れて帰られることになるのだ」ということを思い出した。流石に毎日ということは無いであろうが、彼女ほどの美貌であれば、かなりの高い確率で連れて帰られるであろう。優しくて性格も良いので、今後リピーターも増えるであろう。

そんなことは信彦には関係の無い話だし、小玲の稼ぎに繋がるから彼女にとっては良いことなのだが、何だか少し切ない複雑な感情が芽生え始めていた。しかも、粗暴な客にあたってしまった時のことを想像すると….

小玲「今日は日本に帰るの?」

信彦「いや、今晩も東莞常平(チャンピン)だよ。今日は、昨日急遽来れなくなった香港人の友達が合流して3人でパーティーの予定なんだ。」

小玲「今晩も汇美酒店(フイメイ・ホテル)の中国式カラオケ(KTV)に来るの?」

信彦「なんか、今日は違うところに行くことになってるみたいだけどね」

小玲「なんだ、寂しいな。今日も会えると思ったのに」

信彦「正直言うと、小玲と2人でまったり過ごしたいんだけどね」

正直に言うと、この言葉には30%位は嘘が入っている。冒険心旺盛な信彦は、この東莞常平にはもっと凄い場所がたくさんあると動物的直観で感じ取っていたので、今晩は違う中国式カラオケ(KTV)に行って更なる体験をしてみたいという気持ちがあった。これが30%の嘘である。残りの70%は、今晩も小玲とお茶をして、映画でも見に行って、ちょっとした買い物をしてあげて、食事をして、朝まで一緒に過ごしたいと考えていた。この70%は本心である。

信彦「まあ、とりあえず最初は友達と一緒に行くことになるとは思うので、そうするけど、必ず小玲には連絡するよ」

小玲「本当に?嬉しいな。じゃあ、今晩は働かずに家で待機してるね」

信彦「出勤は自分で決められるの?」

小玲「完全に自由よ。でも、出勤しなかったら収入はゼロだけど」

おいおい、完全に堀を固められてしまったではないか。自ら首輪をはめてしまった感が満載だが、「今晩も小玲に会える」ことに心躍る信彦でもあった。それほどまでに既に小玲の虜になってしまっていた。まあ、とりあえず今晩は成り行きに身を任せることとしよう。

小玲がシャワーに向かうと、貴博から微信(We Chat)のメッセージが入った。メッセージを見て、午前9:00であることを確認した。

第9話に続く

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-13-1024x683.png

あどけない素人娘から超絶品ボディのAV女優まで、カリビアンコムならではの多彩なジャンルできっとご満足させます。

↑  カリビアンコムだけが提供可能な究極ビデオ・ラインナップはこちらから

輝月あんり/如月結衣/天緒まい/上原亜依/涼宮のん/他多数

<超可愛い女の子とアダルト・チャット>

待機中の超可愛い女の子が覗けます(無料) / 10分間アダルト・チャット無料 / 充実の双方向コミュニケーション / 全く新しいエンターテインメントです!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です