桃源郷の歩き方 東莞常平編(2)第8話

桃源郷の歩き方 東莞常平編(2)第8話 ~不思議な目覚め~

どこからか、女性の透き通った美しい声が微かに聞こえる。言語はマンダリン(中国語普通語)のようだ。マンダリンは四声があり、話す人次第では実は大変耳障りの良い言語である。

中国語上達のバイブル

中国語をマスターすれば、巨大な中国美女市場が視野に入ります!

ぶっちゃけ神速中国語講座初級編・中国語エクスプレス

女性のマンダリンの素敵な声が徐々に大きくなり、信彦はふと目覚めた。部屋の中は、暗闇状態では無く、少なくとも夜で無いことは判明した。

何故だか、手足が金縛りにあっているように全く動かない。自分は死んでしまったのか?それとも、誘拐犯に連れ去られたのか?縄やテープで縛られている感覚は無いため、少なくとも誘拐では無さそうだ。

そして、非常に気分が悪く、吐き気がしている。

「ここはどこだ?」「今何時だ?」「つまり何なんだ?」と思いを巡らしてみるが、手足が動かず、恐らく枕元のどこかに置いてあるであろうスマホを見ることさえ出来ない。

すると、先程夢の中で聞こえた女性の美しいマンダリンが聞こえてきた。

女性の声「お早う。起きたのね!」

信彦「……」

何だかうまく言葉が出てこない。

女性の声「大丈夫?」

信彦「……」

美しい声の主である女性が信彦の目の前に現れた。信彦が動くことが出来ないため、仰向けに横たわる信彦の視界に女性が現れた状態である。そして、それは大変美しい女性であった。そうだ、彼女は小玲だ。昨日、「美しき天使」小玲に会いに東莞常平に来たはずだ。

エロくて優しいナースはセフレに最適/生中出し案件多数!

アプリダウンロード⇒無料登録(クレカ登録不要/実名登録不要)で女の子をチェックした上で、その次に進みたい場合のみ有料会員になればOK。。今すぐ生中出しを貴方に!👇 今すぐクリック!

エロくて優しいナースはセフレに最適

小玲「大丈夫?本当に心配したわよ」

信彦「????」

小玲「昨晩のこと、覚えて無いの?」

信彦「????」

徐々に意識は明確になってきていたが、まだ状況は完全には把握出来ておらず、また「昨晩のこと」と言われても、記憶が定かでは無い状況だ。

すると美しい小玲が、信彦の横に寝転がり、介抱をするように優しく頭や額を撫でてくれた。

小玲「あんなに沢山飲み過ぎるからよ(笑)」

信彦「飲み過ぎ?」

信彦はようやく発声することが出来た。

小玲「そうよ。昨日KTVでゲームして、沢山負けて、沢山白酒を飲んだでしょ?」

信彦「ん?」

そうだ、何となく思い出してきた。昨晩はサイコロゲーム等で大変負けがこんで、大量に罰ゲームの白酒を飲んだ。ただし、一定時点以降のことは全く記憶が残っていない。

信彦「ここはどこ?」

小玲「ホテルの部屋よ。KTVと同じホテル」

そうそう、汇美天伦酒店だ。

小玲「あなたの友達と私が、あなたを支えて部屋まで連れてきたのよ」

信彦「!!!」

そうだ、昨日は貴博と一緒に東莞常平に来たのだ。

風俗ナンバーズ 今ならお得な特典あり!

貴方の携帯電話番号に基き無料や大幅割引になる風俗店を通知してくれますので、見逃して悔しい思いをすることがありません!

携帯下4桁で無料風俗!風俗ナンバーズ(関東版)

信彦「今何時?」

小玲「午後1時過ぎよ。あなたの友達がさっき、“もう帰るよ”と伝えに部屋にきたので、あなたを起こそうとしたんだけど、全く反応しなかったわ」

信彦「マジ?」

小玲「そうよ。軽く体も揺すったけど、それでも起きなかった(笑)」

信彦「貴博はもう帰ったの?」

小玲「うん、ついさっき帰ったわ」

更に意識が明確になってきた。

小玲はホテルの薄手ガウンを着ており、その下は恐らくノーブラ状態だ。「少しでも彼女の体を触ると元気になるかも知れない」と考え、彼女の胸を触ろうと試みたが、どうにも手が動かない。

信彦「手足が動かないよ」

小玲「本当に?大丈夫かな…。少しマッサージをしてあげるね」

天使のような小玲は、信彦の左腕を優しくマッサージし始めた。

相変わらず気分が悪く吐きそうだが、マッサージをしてもらうと、少しずつ左腕の感覚が戻り、少しずつ動くようになった。その状態を確認すると、小玲は信彦の右側に移動し、右腕のマッサージを始めた。

レベッカTV 今ならお得な特典あり!

信彦「手が動くようになってきたよ。本当に有難うね」

小玲「全然大丈夫よ。気にしないでね」

信彦「申し訳ないんだけど、お水を貰えないかな?」

小玲「いいわよ」

小玲が、ペットボトルの水をポットで沸騰させ、水と混ぜて適温の微温湯を持ってきてくれた。本当に気が利く天使だ。信彦と小玲は、平たく言えば「お金の関係」なのだが、それ以上の何かを感じざるを得ない。

小玲に微温湯を口に少しずつ流し込んでもらい、大きく深呼吸をすると、何だか少し「気持ち悪さ」が軽減された気がした。

小玲「足もマッサージする?」

信彦「いいの?悪いね」

小玲「気にしないで。私、結構マッサージは上手なのよ」

信彦「その前に、手が動くようになったから、少しだけ胸を触っても良いかな?」

あの男性を知り尽くしたTENGAが…

TENGA発の男性用活力支援サプリメント

小玲は久々に「天使の突き」を発動させながらも、信彦の邪悪な右手を拒まず、明るく微笑みながら少しだけその小さな胸を触らせてくれて、下半身の方に移動し、マッサージを施してくれた。信彦は昨晩ジーパンを穿いていたはずだが、この時点では穿いていないようだ。何かは着ている感覚があり、恐らくホテルのガウンであろう。

足のマッサージが気持ち良く、更には足の付け根あたりのリンパの集まる際どい箇所までマッサージを施してくれたため、まだ少し吐き気が残っているにも関わらず、小弟弟が反応して勃起してしまった。

小玲「あれ?!大きくなってるよ」

信彦「……」

第9話に続く

河北彩花がご奉仕してくれる最高級5つ星ソープランド