桃源郷の歩き方 東莞常平編第13話

桃源郷の歩き方 東莞常平編第13話 ~苦悩と葛藤~

世界の桃源郷 東莞常平

信彦と貴博は、3階から5階および螺旋階段の美女たちを一通り見終わり、1,000人以上の選択肢があることを確認した。昨日同様、男女比は相当に歪であり、男性客はその1/3位しかいない。これは、東莞常平の中国式カラオケ(KTV)の一般風景かもしれない。

ジョージによると、「花街に間に合わず遅れてくる客もいるし、1人で2人~5人位の美女を指名する客もいるので、最終的にそこまで美女が余るわけではない」らしい。それにしても、やはり需給バランスは取れておらず、ある程度の売れ残り、つまり今晩の稼ぎがゼロの美女は出てくるであろう。だから、美女達およびその「上がり」からの口銭で生活しているマネージャーたちは必死である。昨晩同様、ここは熾烈を極める戦場なのだ。

客にとってみれば選り取り見取りで、これほど感極まることは無い状態だが、ここまで選択肢が多く、かつ需給バランスが崩壊していると選び辛いのも事実である。桃源郷を経験した人間で無いと分かり辛い贅沢な悩みである。

東莞の桑拿嬢の月収 : tm_boyの海外1人歩きblog

(写真はイメージです)

全体のレベルが低く、その中から掘り出し物を探すのは楽しい。「可愛い子が沢山並んで、沢山の選択肢があって、何を贅沢なことを言っているのだ!」と叱責される状況だが、ここは感覚・神経を麻痺させてしまう恐ろしき桃源郷なのである。

信彦「さあ、どうしようかね」

貴博「どの階から攻めようかな」

ジョージ「さっき見た限りでは、4階が充実していたけどね」

信彦も貴博も、きちんと各階の品定めをしていたわけで、正直どの階もかなりの数の「真正美女」は存在している。もちろん螺旋階段にも「真正美女」はいる。しかし、品定めに厳しく辛口評価で定評のあるジョージがそう言うのだから、やはり4階に行くべきなのであろう。というか、ある程度選択肢を絞ってもらったほうが有難いという話もある。

信彦「じゃあ、4階に行こうか!」

ジョージ「そうしよう」

貴博「OK!」

3人は甜甜マネージャーとともに4階まで螺旋階段を登った。4階での本格的選別が始まると、ジョージが格段に活性化し始めた。彼の品定めは極めてシビアである。マネージャーから美女を推薦されると、「じーっ」と凝視した上で、美女に「一回転」を命じる。腰からお尻にかけての体型を確認するためなのだが、シビアな香港人・中国人には時折見受けられる行動である。「自分で周囲を回れは済む話では無いか」と信彦は思ったが、まあこの辺りは文化の違いとして軽く受け流すことにした。

3人は、それぞれの凡その位置確認はしながらも、基本的にはバラバラで本格的に美女を選び始めた。貴博が中国語を話せないため、片言英語スピーカーの甜甜マネージャーが通訳兼務で貴博についてまわっている。

たまたま信彦と貴博が同じ美女の前に来た際に、貴博が鼻の下を世界最大級に伸ばして凄まじい鼻息で信彦に話しかけた。

貴博「これは、かなりの上物だよ!」

信彦「本当だね。これは、ヤバい」

甜甜マネージャー「通訳しましょうか?」

貴博「うん、お願い!517番ね!優しい子かどうか、聞いてみてもらえますか?」

そんな質問をして、事実にかかわらず否定的な答えが返ってくるわけは無いのだが。

うさこ先生は恥ずかしがり屋 来栖うさこ

うさこ先生は恥ずかしがり屋 来栖うさこ

甜甜マネージャー「とても良い子よ。先週大連から東莞常平に出てきたばかり」

貴博「おお、良い感じだね!」

信彦「大連ね。どうりで、美人だと思ったよ」

大連は、中国における美女の産地で有名な土地の1つである。かつてロシア人居留区があり、混血が進んだことが理由と聞いているが、真偽のほどは定かではない。

甜甜マネージャー「でも彼女は今日は連れて帰れないわ。それでも大丈夫?」

信彦「何!?!?!?」

甜甜マネージャー「番号札の上に、赤いリボンがついているでしょ?あれは生理でダメ(中国語で不方便という)という意味なの」

貴博「マジ?ショックだなぁ…じゃあ、やめとくよ。赤いリボンはダメな印なのね?」

甜甜マネージャー「はい、残念だけど。他も、沢山いるから!」

信彦「何事も勉強だね!」

ちなみに信彦は、あまり顔や態度には出さないが、人の好き嫌いが非常にはっきりしている。独自の評価基準により、気持ちの良い人が好きで、気持ちの悪い人が嫌いである。このような困難に直面しても、ウジウジせずに気持ちを切り替えて行動に移す貴博は、もちろん大変気持ちの良い人である。ついでに言うと、好きな言葉は「人生は何事も経験」「適正価格を見極めよ」「据え膳食わぬは男の恥」の3つである。

携帯下4桁で無料風俗!風俗ナンバーズ(関東版)

大ショックで落ち込む間もなく、また貴博の足が止まった。これもかなり可愛い。しかも、今度は忌々しい赤リボンも付いていない。

その美女の担当マネージャーらしき女性のほうから、貴博に話しかけてきた。流石5つ星ホテル、彼女も片言の英語を話せる模様だ。

貴博「彼女、いいなぁ。超タイプだよ」

信彦「昨日の那那ちゃんと、ちょっと似てるよね」

貴博「そうかもね。系統としては同じかな」

マネージャーに聞くと、昨日の那那ちゃんと同じ湖北省出身とのことである。湖北省では、このタイプの美女が大量生産されているのだろうか。彼女も、先週田舎から東莞常平に出てきたばかりの模様である。全員「先週田舎から出てきた」と紹介されるので、既にあまり信憑性はなくなってきている。

貴博「ちょっと、候補に挙げておくよ。折角だから、他も見てみたいな」

信彦「OK。まだ女の子は大量に残っているから、じっくり選べば良いよ」

貴博「信彦さんは選ばないの?」

信彦「うん、まあ、適当に物色してみる」

ここで、信彦は突然我に返って小玲のことを思い出した。そう言えば、彼女に連絡せねばならないのだ。どのタイミングで連絡すべきなのだろうか?

その瞬間から、先程まで天真爛漫に美女を物色していた信彦の中で、妙な葛藤が始まった。「可愛い子を選んでしまうと、その子を連れて帰りたくなってしまう。つまり、小玲には連絡しないということになってしまうのか?」「ならば、売れ残り確定組を選ぶべきなのか?眉の異常に太い美女を選ぶべきなのか?そうすれば、連れて帰りたくなることは無いだろう」「いや待てよ、でも性格が良くて優しくされると、つい情がわいてしまうかも知れない」「いっそのこと今小玲に連絡して、彼女を隣に座らせてこの店で過ごすべきなのではないか?」などの考えを巡らせた。悩ましいところだが、もう暫く決断はせず、貴博のアシストに徹することにした。

そうこうしているうちに、ジョージは1人選んだ模様だ。信彦が見ていないところで選んだため、どのような美女かは後に部屋で合流するまで判明しない。そして今、2人目を選んでいる模様だ。

信彦も、何となくアンテナは張りながら、貴博のアシスト的にぶらぶらと見て回っていた。あらためて、結構可愛い子がいることが確認できた。ある一角に、粒ぞろいのかわいい子が集まっていたため、そこで信彦と貴博の足が止まった。

貴博「この隣り合わせの577番と690番も捨てがたいなぁ」

信彦「赤いリボンも付いてないね」

貴博「それ、とても重要ね」

信彦「あの2人も、先週田舎から出てきたばかりなんだろうね、きっと」

すると、577番と690番のマネージャーらしき女性が信彦に話しかけてきた。

マネージャー「577番と690番、どちらも先週貴州の田舎から東莞常平に出てきたばかり。友達同士だから、2人とも選んでしまえば?ついでに、その隣の2人も、全部姉妹(実の姉妹ではなく、仲良しの年齢が異なる友達。「姐妹」と書く)よ。お兄さんたち2人で、4人選ぶのはどう?」

敏腕マネージャーからの強引なパッケージ・オファーだが、4人は全員可愛い部類に入る美女で、決して悪いオファーでは無い。信彦と貴博の基準でそれぞれ個別対象は異なるが「50%は超かわいい、50%は普通にかわいい」という評価である。

信彦はやはり小玲のことが気になっていたが、目の前の美女達が全員友達同士であると聞いて、ある邪悪な考えが頭をよぎり、この「4人パッケージ案」を受け入れたいと考え始めていた。

信彦「悪くないオファーだよね」

貴博「だよね。信彦さんと取り合いにならないかな?」

信彦「貴博が2人選んで良いよ。正直、あの4人なら誰でも良いし。優先権は貴博で」

貴博「本当に良いの?じゃあ、そうしようか!」

信彦と貴博は敏腕マネージャーからの提案を受け入れ、貴州省から先週東莞常平にやってきた4人組の美女を指名することにした。

その間、ジョージは追加で2人選んだ模様だ。つまり、ジョージは3人選んだことになる。

これで、3人の対戦相手7名が決定した。

第14話に続く

<超可愛い女の子とアダルト・チャット>

待機中の超可愛い女の子が覗けます(無料) / 10分間アダルト・チャット無料 / 充実の双方向コミュニケーション / 全く新しいエンターテインメントです!

本当にこのレベルの女の子とあれこれ楽しめます!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。