桃源郷の歩き方 東莞常平編第16話

桃源郷の歩き方 東莞常平編第16話 ~狂宴のおひらき~

世界の桃源郷 東莞常平

「これぞ中国式カラオケ(KTV)」「これぞ東莞常平」「これぞリアル桃源郷」と言える刺激的サイコロ・ゲームは続き、貴博はプラス・マイナスを繰り返しながら、何だかんだで合計2,000元分程負けた模様だ。当然トランクスは脱ぎたくないため、負けは現金で支払っている。

このゲームが1時間ほど続き、十分乱痴気騒ぎも堪能し「そろそろ潮時か」という頃良い時に、甜甜マネージャーが部屋に戻ってきた。時間も11:00近くになっており、そろそろ中国式カラオケ(KTV)お決まりの「お持ち帰り」意思決定タイムである。

北京ktv招聘女公关_第11页_七月亮

(写真はイメージです)

信彦は一旦トイレに行き、小玲に「間もなく終わるよ」との微信のチャット・メッセージを送り、そして席に戻った。

甜甜マネージャー「今日は女の子は全員連れて帰るの?結構な数だけど(笑)」

信彦「そう、その話なんだけどさ。ちょっと相談したくて」

甜甜マネージャー「あら、連れて帰らないの?」

信彦「実はさ、今日は月に一度の赤いリボン(=美女が生理中であることの当中国式カラオケの目印)の日なんだよな」

これは、甜甜マネージャーにも、近くにいた貴州1号・2号にも全くウケず、一瞬寒い空気が流れた。

貴州1号「ここまで盛り上がっておいて一緒に帰らないとか、信じられない。嘘つき!」

貴州2号「嘘つき!」

貴州3号「嘘つき!」

依然明るいノリで、決して激しく叱責する様子でもなく、貴州1号~5号は相変わらず良い子達なのだが、少し対応を間違えると局面は大きく変化し血を見かねないため、ここは慎重な対処が求められるところである。

信彦「まあ、待って。事情をちゃんと説明するから、最後まで聞いて欲しいんだよ」(注: 結論を最後に述べる傾向の強い日本人が、外国人に説明をする際に意外と効果のある言い回しである)

貴州1号「いいよ。話してみて。聞いてあげる」(笑顔で興味津々な御様子)

信彦「実はさ、今晩はどうしても一緒に帰れない事情がさっき判明したんだよ」

貴州1号「何?」(笑顔で興味津々な御様子)

信彦「実は、曜日を間違えてダブルブッキングしたことが判明してしまってね….」

貴州2号「ガールフレンド?」

信彦「まあ、その辺は企業秘密なんだけど」

貴州2号「絶対、ガールフレンドだよね」

信彦「まあ、それはともかく。それで、友達(貴博のこと)がさっきみんなを相手に刺激的なゲームをやっている間に、5人全員に恋に落ちてしまって、3人ではなく5人全員と一緒に帰りたい、って言い出したんだよ。みんな大丈夫かな?」

この瞬間、貴州1号と2号が大爆笑してワインで乾杯し、3号~5号も加わって大盛り上がりになった。どこまでも陽気で、良い子達だ。嘘をつくことは良くないと言うが、このような嘘は誰も不幸にせず、むしろ全員をハッピーにする良い嘘である。

ちなみに信彦は、あまり顔や態度には出さないが、人の好き嫌いが非常にはっきりしている。独自の評価基準により、気持ちの良い人が好きで、気持ちの悪い人が嫌いである。この5人の貴州娘達は、間違いなく大変気持ちの良い人達である。ついでに言うと、好きな言葉は「人生は何事も経験」「適正価格を見極めよ」「据え膳食わぬは男の恥」の3つである。

貴州2号「私達は全然大丈夫だけど、本当に5人も連れて帰れるの?部屋に入るかな?」

貴州4号「大丈夫よ。一緒に行きましょうよ!」

貴州5号「お兄さん、カッコいいね。男前だよね。5人は凄いよ!皇帝様だね!」

貴州3号「全員が同時にベッドに乗ったら壊れるかもね」

貴州1号「交代でベッドに乗らないとね。乗れない人はどこで待機するのかな?」

携帯下4桁で無料風俗!風俗ナンバーズ(関東版)

これにまた一同がバカ受けしてワインで乾杯となった。貴博は、彼女達が何を話しているのかは理解出来ないが、自分が一躍英雄と化したことは雰囲気で察していた。一方で、どこまでも優しい彼女たちは信彦にも気遣いを見せてくれる。

貴州1号「ガールフレンドと会うんでしょ?早く連絡してあげたほうが良いんじゃないの?」

信彦「うん、そうだね。連絡するよ」

貴州2号「それなら、あんなに無理してワインを飲まなくてもよかったのに」

信彦「楽しいメンバーだと、つい飲んじゃうんだよ」(これは本当の話)

貴州1号「でも、沢山おっぱいとお尻を触ってたよね。これは、ちゃんとガールフレンドに報告しないとね」

信彦「いや、しなくて良いよ」

丁度その時、小玲から「部屋に戻ったら連絡してね。すぐにタクシーで向かうから」とチャット・メッセージの返信が届いた。

貴博は、伝える必要も無いにもかかわらず、片言の英語が話せる甜甜マネージャーに「貴州1号と2号の2人分のお金は信彦が支払うけど、連れて帰るのは貴博」と律儀に説明している。これを、甜甜マネージャーが貴州1号と2号に通訳する。

貴州1号「一緒に帰れないのは残念だけど、今日は楽しかったよ」

貴州2号「うん、楽しかった」

信彦「ほんと、ゴメンね。俺も凄く楽しかった」

貴州2号「最後に、おっぱい触る?」

貴州1号「私のお尻も。今日の記念に」

信彦「わかった。じゃあ、お言葉に甘えるよ」

最後少しだけ残っていたワインを3人で乾杯し、最後に超密着状態で、おっぱいとお尻と生足を渾身の力を込めて触らせてもらい堪能した。そして1号と2号は、信彦の口にそこそこ濃厚な記念のキスをしてくれた。

信彦「友達(貴博のこと)は本当に大事な親友なので、優しくしてあげてね」

貴州1号「もちろんよ」

信彦「1対5のハンディキャップ・マッチだし、彼は中国語が全く話せないからね」

貴州2号「大丈夫。何かあったら貴方を呼ぶから」

信彦「まあ、そうだね。いざとなったら、部屋に通訳しに行くよ」

この諸々のやり取りの間に、ジョージが会計を済ませてくれていた。詳しい事情は不明だが、ジョージの美女3人のうち、1人はどうしても「複数の美女で一緒に部屋に帰ること」が嫌なようで、ここで「さようなら」になったようだ。つまり、ジョージは美女2人のみを連れて部屋に帰ることになった。

貴博は、「両手に花」では収まり切らない「全身に花満開」状態で部屋を出た。一方、貴州1号と2号は信彦を気遣って、信彦の両脇から腕を組んできてくれた。

貴州1号「私達は、あなた(信彦のこと)の部屋でガールフレンドを待とうか?」

信彦「おいおい」

貴州2号「あれだけ、生でおっぱい触ったんだから、報告しないといけないからね!」

正直な話、貴州1号と2号、どちらも本当に可愛くて、スタイルも良くて、性格も良い。おっぱいも本物で、小ぶりだが揉み心地がすこぶる良い。恐らく体の相性も良いであろうし、この2人と朝まで過ごすのは最高に楽しいと想像出来た。小玲のことがなければ、間違いなく3人で一生忘れられない楽しい時を過ごせるわけで、大変勿体ないのだが、人間の体は1つしかないため止むを得ない。

貴州1号と2号を少し複雑な気持ちで貴博の部屋に送り込み、信彦は1人で部屋に辿り着いた。

第17話に続く

<超可愛い女の子とアダルト・チャット>

待機中の超可愛い女の子が覗けます(無料) / 10分間アダルト・チャット無料 / 充実の双方向コミュニケーション / 全く新しいエンターテインメントです!

このレベルの女の子とアレもコレも楽しめます!!!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。